BLOGブログ

BACKNUMBER

一覧に戻る

平屋の魅力

2020.10.12

時々、80年代の曲を Spotify で聞き流していると、その時代に思春期を過ごした身としては、

懐かしさを超えて、はるか遠い昔の曲に聴こえるので、恐怖さえ覚える(笑)

でも、この時代の曲は洋楽、邦楽ともに、根っこから明るくてポップな曲が多く感じます。

気のせいではないはず。時代背景もあるのでしょうかね・・・。

 

さて、進行中の現場はもちろんの事、契約後のプラン修正や、ヒアリング後1発目のプレゼン作成等

日々、あくせくしている今日この頃ですが、最近は特に、平屋のご要望が増えました。

これまで平屋のケースだと、建て替えなど土地をすでにお持ちの方がほどんどでしたが、

ここのところ土地探しから計画されるケースが多くなりました。

平屋で暮らす4人家族を想定した場合、敷地のボリュームは、最低でも65坪は欲しいですね。

 

下の模型は、来月中旬以降に着工予定の平屋2棟分です。

左のS邸は香南市で、敷地は約65坪。南側の間口も広く、車3台分とお庭も十分取れます。

右のT邸は香美市で、約150坪(笑) なんとも羨ましい。

しかし、建築可能までの道のりは長かったですね。もうひと踏ん張りです・・・。

 

 

いずれも、勾配を緩やかにした切妻屋根が落ち着いた印象を受けます。

床面積はそれぞれ、26.8坪と30.5坪になります。

 

平屋は、階段スペースを設けなくてもいいので、全体の床面積を抑えることが出来ますが、

2階建てに比べると建築費用は1割ほど高くなります。

それでも土地さえ確保できれば、平屋の魅力に気持ちが傾きます… よね。

 

一覧に戻る

CASACUBEMODEL HOUSE

カーサキューブモデルハウスのご案内

READ MORE

facebook

MORE

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

MORE

casita戸建賃貸住宅

casita戸建賃貸住宅

MORE