BLOGブログ

BACKNUMBER

一覧に戻る

構造材の乾燥

2021.09.15

製材所から、来週棟上げ予定のM邸の木材乾燥写真が届きました。

JAS規格の基準値20%以下になるよう、中温乾燥した後に測定します。

水分が多い状態だと、いわゆる「木が暴れて」しまい、構造材として使用できないため、

棟上げする前の大切な工程といえます。

当社はすべて高知県産材100%の構造なので、これらの資料を補助金申請に使います。

木材の価格上昇も落ち着いた模様ですが、少しでも建て主さんに還元できるようガンバリます!

一覧に戻る

CASACUBEMODEL HOUSE

カーサキューブモデルハウスのご案内

READ MORE

facebook

MORE

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

MORE

casita戸建賃貸住宅

casita戸建賃貸住宅

MORE