BLOGブログ

BACKNUMBER

一覧に戻る

カーボンゼロ

2021.01.15

昨年あたりから本格的なCO2削減に向けた計画が、世界中から聞こえるようになりました。

この話題は、随分と前から提唱されていましたが、各国の足並みが揃わず現在に至っています。

そんな中、積極的なカーボンゼロに向けた都市があります。

デンマークの首都、コペンハーゲンです。

2025年のCO2排出を実質ゼロにするらしい。(日本政府の目標は2050年・・・。)

北欧の国々は、環境問題に関する意識が元々強く、特に自転車や、公共交通機関の利用者が

圧倒的に多いとのこと。電車内にも駐輪スペースがあります。

コペンハーゲンの人口は約60万人と、高知県のほぼ8割程度なので、

人口密度から考えると有利ですが、あと4年でカーボンゼロにするのは至難の業でしょうね。

ただ、温暖化による気候変動が及ぼす影響は年々計り知れないし、

世界中の大手企業の株価にも大きく影響しているため、もはや無視できない状態です。

各国は、コペンハーゲンを手本のひとつとしてほしいですね。

なかなかスケールがデカ過ぎる話題ですが、とりあえず今、自身でやれることはと言えば、

エコバック持参と、片道3分の自転車通勤しか見当たりませんが(笑)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

デンマークといえばもうひとつは、デザインの街でもあります。

で、事務所入り口サイドにウォールライトを新設してみました。

ルイスポールセン VL38 Wall

防雨型ではありませんが、軒下なのでイイってことで(笑)

日が暮れるが楽しみ、ですね。

一覧に戻る

CASACUBEMODEL HOUSE

カーサキューブモデルハウスのご案内

READ MORE

facebook

MORE

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

MORE

casita戸建賃貸住宅

casita戸建賃貸住宅

MORE