BLOGブログ

BACKNUMBER

一覧に戻る

日々、読書。

2020.06.13

日経新聞に連載中の小説「太陽の門」が面白い。

 

1月に病で倒れた伊集院静さんの( 病状は無事で何よりでした… )連載が休止となり、

2月下旬から急遽始まった、赤神諒さんの作品です。

 

 

1930年代後半、スペイン内戦時のマドリードが主な舞台。

登場人物の設定は、往年の名画「カサブランカ」をモチーフにしたそう。

ハンフリー・ボガートですね。 古っ!

 

主人公リックのセリフがとにかくイイ。

一歩間違えればキザに聞こえるセリフが、戦時中の緊張感があるためか、

とてもカッコイイのです。

また、ゲルダを始めとする登場人物が魅力的に描かれています。

 

今朝の文中には、若き日の岡本太郎さんの名前が出てきました。

さりげなく名前が出てきたのでビックリ!

1930年台からパリを拠点にしていたのですね。

 

あと、小説には挿絵が欠かせません。

イラストレーターの安藤巨樹さんが描かれています。

その絵はまるで、映画のワンシーンを観るよう。

ただ、日経高知版は絵が白黒なんですよね(笑)

なので、毎回デジタル版で色をチェックしてます。トホホ … 。

 

 

物語は、いよいよ佳境に入ってきた模様。

ささやかではありますが、毎朝読むのが楽しみです。

 

一覧に戻る

CASACUBEMODEL HOUSE

カーサキューブモデルハウスのご案内

READ MORE

facebook

MORE

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

MORE

casita戸建賃貸住宅

casita戸建賃貸住宅

MORE