HOUSING構造・仕様

  1. casa cube

    01高知の木と新しい構造体

    従来の在来工法では筋交いで壁を補強していますが、フォームズプランでは、防腐・防蟻性・防火性に優れた「耐力面材」を使用しています。壁を面で支えるため、強い構造体になっています。主要な木材は、主に高知県高吾北産材の木を中温乾燥をさせたものを使用し、地産地消な家づくりにも貢献しております。また、その他に「ハラテック21」「LVL JWOOD」という新しい構造躯体にも対応しています。

  2. casa cube

    02断熱性能

    ゼロ・エネルギー住宅と盛んに言われている昨今において、家づくりに携わる上で「省エネ対策」は欠かせないものとなりました。フォームズプランでは断熱性能と環境負荷が極力少ないセルロースファイバー「ダンパック」を標準仕様。古紙を再利用したもので調湿性や吸音などにも優れています。「casa sole」の次世代省エネ基準最高クラスである「Q値1.6」を筆頭に高性能住宅を目指しています。住み継がれる家と考えた場合、断熱に費用を掛けるのが賢い選択なのはいうまでもありません。現場で吹付ける為、屋根裏や壁に隙間なく断熱材を詰めることがきる為、高断熱・高気密が約束されます。

  3. casa cube

    0324時間換気

    新築時に設置義務がある24時間換気システムですが、高断熱・高気密な家に最適なのが、熱交換換気型です。換気による熱エネルギーを回収し、取り入れた新鮮な外気に回収した熱エネルギーを乗せて室内に返します。冬季の冷たい外気や、夏季の高温多湿な外気を室内に取り込むことなく、常時新鮮な空気を循環させる機能があります。DCモーター採用で、消費電力を大幅に抑えることができ、また、微小粒子フィルターがPM2.5の侵入も抑えられるので安心です。

  4. casa cube

    04結露対策

    結露発生を抑えるのに最も効果的なのは、窓の選択からと考えます。オーダープランでは樹脂サッシを標準仕様。樹脂の場合、熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を、大幅に軽減します。ガラスはLow-E複層アルゴンガス入りで、熱の出入りと紫外線をさらに軽減します。casaシリーズの中にもトリプルガラスやLow-Eガラスを標準採用。窓の選択を見直すことで、長い目で見ると、実は大幅な光熱費の負担軽減にも繋がるということです。

  5. casa cube

    05健康な家

    これからの家は、省エネやCO2を極力排出しない等、地球に優しい方向に向かっているのは確かです。しかし、それ以上に必要なのはやはり「人に優しい」家づくりではないかと、私たちは考えます。それには、断熱や換気性能を上げることの他に、室内の仕上げ材を見極めることも重要です。例えば、壁の仕上げ。100%自然素材の塗り材「シラス壁」や、卵の殻が原料の壁紙材「エッグウォール」をご提案しています。壁に表情をもたらし、日々の疲れやストレスから解消される効果があり、室内の余分な湿気を吸湿してくれます。経年変化を楽しめる方ならば、無垢の床材を使うとより気持ちのいい空間が生まれます。

  6. casa cube

    06オリジナルな部材

    casaネットワークだからこそ実現した他には無いオリジナル部材を標準装備。デザイン豊富なスケルトン階段や、居室の天井高に合わせたスタイリッシュな建具。造作家具の種類はキッチンバック収納・リビングボード・洗面化粧台・TVボード・ランドリー収納・トイレ収納・玄関収納など、多種多様なオリジナル家具が、お洒落な空間を実現します。デザイナーズ家具を置けば、更に際立つこと間違いありません。

  7. casa cube

    07メンテナンス

    基本的にはどのような素材を使ってもメンテナンスは必要だと考えますが、できるだけ定期的なメンテナンスを軽減できる素材などをご提案していきます。また、長期優良住宅の認定の維持保全計画に基づいて、長年に渡って維持・管理がしやすい施工をしております。

CASACUBEMODEL HOUSE

カーサキューブモデルハウスのご案内

READ MORE

facebook

MORE

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

MORE

casita戸建賃貸住宅

casita戸建賃貸住宅

MORE